Kanako Nishimura's blog

西村香奈子 with Michael Simon      写真は、クリックかスライドショーでみてください。

Dany Atrache ダニーアトラッシュ

| 0 comments

2011.7.7

no images were found

ダニーアトラッシュのコレクションに行って参りました。会場は、「ホテルリッツ」入り口には、何かのパーテイーの為にホテル入りする、白いタキシードを着た貴公子の様な美しい青年がリムジンカーから現れたり、ドレス姿の夫人達や~。と、やはり違います。ショーの、招待客も、どこかのご令嬢風な方が多かったような。作品は、ドレスがほとんどで、これぞオートクチュール!このショーで、一番感激したのは、やはり、手間のかかっている刺繍や、ビーズが繊細だった事で、大変なお仕事をされたのだなあ。と、彼も含め、色々なタイプ、全てのデザイナーの方々、また、それをささえるスタッフの方々に、改めて敬意を感じました。でも、このドレス、ボデイーコンシャスなだけでなく、胸、脇、おへそまわり、と、露出部分が多い上、それがデザインポイントになっています。私の様な、鉛筆体型では、無理だし~?そのうえ、こんな豪華で~。実際には、誰が似合うんだろう????着るんだろう????

ふと、NY時代に、英語の学校で一緒だった、オイルビジネスで大成功しているロシアの若い奥様の事が浮かんできました。つやつやに輝く金髪、長身、白い肌、体型も素晴らしくって~。学校にも例えば、きょうはD&G、昨日はCDと、あれ、おとといは、JPゴルチェのジャケットきてたな~。と、毎日違うブランド物の洋服を上から下までそれはそれは上手に着こなして通学。ハリウッドスターかバービー人形のよう。彼女がロシア人の友人達と毎週末パーテイーをしているという事で、あるバーに呼んでもらったことがあります。飲み会とは言われたものの、行ってみると、まあ、皆様豪華!彼女は、シックでタイトな黒のロングドレスを着ていて、大きなダイヤ!でも、下品ではないのですよ。授業中も彼女の輝く美しさに、暫しぼんやり見とれてしまっていたものですが、その日は、ますますでした。そんな人達が着たら似合うんだろうな~。そんなこと、思ってしまいました。

I checked out Dany Atrache’s show at the Ritz, which was a scene in itself. Ooh, the white dresses emerging from limos, the tuxedos, the pomp! This is haute couture, featuring delicate beadwork. You have to respect the staff’s efforts. Various parts of the anatomy are revealed by the embroidery, so one would have to be in fairly good shape to get away with wearing it–hmm!

Leave a Reply