Kanako Nishimura's blog

西村香奈子 with Michael Simon      写真は、クリックかスライドショーでみてください。

Le Corbusier House サボア邸(コルビジェ)

| 0 comments

2011.7.1

no images were found

コルビジェ設計のサボア邸に、行ってきました。毎日うろうろ歩き回っていたう上、この日は、朝から車で出発して、モネの家などに行った帰りの夕方で、かなり疲労していましたが、家の中に入ったとたん!あれ?!不思議!あまりの気持の良さに、疲労が飛んで無くなってしまったのです。特に屋上庭園が、家の中心部分にあって、プライベート感は確保されているのに、空に向かって解放されていていて、気分がいい!自然と他の訪問者の方々とも打ち解けて挨拶したりお話ししたり~。ついつい集まってしまう場所って、こういう所なのかな~、と、おもったり。

空気の「気」という言葉がありますが、何処にいても、淀みがなく、光がめぐっていて燦々。借景、収納、サイズ、もう、感動したことをを挙げると、きりがありません。いやだな~と、思うものが、私にはなかったのです。

家の設計は、人生を変えてしまうんだな~。と、思ってしまいました。

しかし、時は 1930年頃。余りに前衛的な設計だった為、サボア氏はお気に召さなかったようで、結局ここには余り訪れなかった。と伺いました。残念!ですが、だからこんなに美しいまま残されていて、私たちにより、喜びと感動を与えてもらえるのでしょう。

サボア氏にも感謝です。

After visiting Monet’s house in the morning and having a bit of champagne at lunch, we finally arrived a bit peaked at Le Corbusier’s Villa Savoye. It was so terrific that I woke up instantly. The roof garden was particularly terrific–although completely surrounded by exterior walls, it looked up to the open sky and we felt free. The other visitors and we naturally gravitated to it to chat and point out features. The way light ran around the rooms was great, the way the windows framed the exterior was very special, and still there were plenty of functional closets.

Yes, architecture can indeed change your life.

This was so avant-garde for the 1930’s that Mr. Savoye finally never lived here. It makes a perfect museum, though.

Leave a Reply