Kanako Nishimura's blog

西村香奈子 with Michael Simon      写真は、クリックかスライドショーでみてください。

Arena di Verona: Nabucco and Aida

| 0 comments

2011.07.09~10  Arena di Verona

     

ロミオ&ジュリエットの舞台として有名なミラノから東へ電車で二時間弱の所にある、世界遺産の街ベローナ。

街をあるくとまるで中世にタイムスリップしてしまったかのようなロマンチックで不思議な心地になります。

アリーナデベローナはとにかくダイナミック!大勢の人が、ベローナに、そして円形劇場へオペラ鑑賞に駆けつけています。

音の反響が素晴らしく隅々にまで音が響きます。夜中の1時までの二晩のオペラ鑑賞。

一日目のナブッコで、有名な国歌となったコーラスが歌われると、もちろん大歓声!

二日目のアイーダの悲劇の最終章で、突然大風が吹き荒れだし、ゴミや紙が舞い始め~夜空が点滅し始めました。皆「???」セット?本物?本物の雷が勢いを増し!!!残念でしたが、多くの人達と同じくアリーナを去り、ホテルについたら、凄い雨。アイーダが、アリーナで丁度命を絶った頃!!窓からアリーナに思いを向けるという、これまた、ロマンチックで印象的な夜となりました。

From Milano, we took the train an hour or so east to the World Heritage site of Verona, home of Romeo & Juliet. Walking around is a time machine–you are transported to a romantic age. The Arena is a round outdoor stage where mobs of people attend the famous summer Opera sessions. Every corner echoes the fabulous voices wonderfully from 9 to 1.

The first night, we saw Nabucco (Verdi’s first big hit, about Nebuchadnezzar), which contains a song Italians find patriotic, and which they cheered and even demanded an encore.

The second night was Aida but in the last tragic act, a typhoon-grade wind blew in, accompanied by lightning–very dramatic–and about half the crowd headed for the exits. We barely made it home before it started teeming, probably just as the opera was over on stage.

 

 

Leave a Reply