Kanako Nishimura's blog

西村香奈子     写真は、クリックかスライドショーでみてください。

2012/02/16
by kanapi
0 comments

French Laundry

Napaにある「フレンチランドリー」に、マイキー&義母の誕生日を祝う食事にいってきました。お任せ3コースの中に、 Offal Tasting Menuが?「Offal! 内臓?!アメリカで?」で、ウエイターさん、「これは、個性的なので、あまりお勧めしませんが、よろしかったら」「これって、ホルモンのフルコース!!(冗)!面白いな~!」で、試してみました。    左から:鮟肝、キャビア、カブ、洋ナシ金箔のせ。中の白いソースの下に濃厚な鮟肝がたっぷり。 中央の写真、フオアグラのパストラミ仕立て黒トリフソース。お味は、スペインで食べた生ソーセージを思ったり。。右はエッグドロップスープ。でも中身はなめこ、ブロッコリー、ラデイッシュのビーフブイヨンかけで、うにが卵!添えてありました。。鮟肝は、確かに内臓ですね。    左、ポーチドロブスター、これも!内臓ですかね?中央は、牛の腸の煮こみ。このあたりから、だんだん濃厚さとボリュームがUP。右が、羊解体メニュー!ミニラビオリの中にも羊の内臓の煮込みが!左下の揚げ物は脳みそ。白子のようでくせもなく美味。がもう、気持ちも、お腹も一杯一杯になってきました~で、ここから写真がないのですが、ミンスパイ!つぎのデザートが、見た目はフルーツ乗せチョコレートムースのデザート。でも、実は、生フオアグラのムース!!!ここらでご勘弁を~!!で終了です!!    こちらは、義母が注文したシェフお勧めコースの一部。カリフラワーサラダ、甘海老のタルタル、ロースト北京ダック。 で、エスプレッソを飲み終え、そろそろの時に、「まだ帰しませんよ~!(爆笑)」と出てきたのがこのセット。カプチーノ、砂糖壺にお菓子?いえいえ、これは全部デザート!!モカクリーム、ブリオッシュのミニドーナッツ、チョコレートコーテイングされたマカデミアナッツ!楽し!素晴らし! 今までどちらかというと避けてきた内臓料理9品のこれだけ濃厚なオンパレードだった為、ギアの上がったメニューの後半は一杯一杯になってしまったのに、何故か食後の気分は最高!悦楽感で脳が満たされて幸せ~。フアンタジック!まるで、いつかどこかでの劇場での公演中、食事のシーンに潜り込んで来たかのような気分。内臓料理を愛している、世界の美食家達の気持ちが少し解ったかな~?改めて、次の日しみじみ内臓料理に滋味、旨味を思って幸せ~!思い出深き食事となりました。

2011/07/10
by kanapi
0 comments

Bottega de Vino @Verona

2011.07.10    ベローナへよくいらしている、O夫人よりお勧めのワインがおいしいというお店へ。壁中におかれたワイン瓶のみならず、シャンデリア、戸棚の扉にも!ワインの瓶が使われていました。地元のワインがすっきり濃厚!さすがです!右の写真は馬肉のタルタル!ベローナのレストランの行ったところ何処にもこのメニューがありました。こちらでも食べられているのですね~。知らなかったです。干し鱈とポレンタの前菜もこんなに洗練されていて~。素晴らしかったです。

2011/07/09
by kanapi
0 comments

Arche @Verona イカスミパフェ

2011.07.09     左の宇治金時パフェにも間違えそうな前菜は、イカ墨、ポテトムースにグリーンピースのピューレです!中央は、イワシのエスカベーチェをブリオッシュのトーストに載せてあるもの、甘みを強めなソースが絶品。右は茹でたあと、パスタと浅利を紙に包んで、5分オーブンで焼いたもの。これまた、お味が全てパスタに染み込んでいて~!私にとって初めてのスタイル!面白かったです。家でやってみよう!  

2011/07/03
by kanapi
0 comments

Robuchon, アトリエロブション

2011.7.3 私たちの、今回の旅行の食のメインイベント「アトリエロブション」シャンゼリゼ店のフルコースディナーです。メニューは、チェリートマトのガスパッチョ。カニと隠元のサラダ、ポテトチップにわさびソース添え。冷製コーンスープ、コンソメジュレ、キャビアトサワークリームのせ。ジロール茸のせ、ポルチーニのムース。フォアグラソテー杏ソース添え。スズキのグリーピースソース。ラムグリル。マンゴームースケーキ、マンゴーアイスのせ、ワイルドストロベリーのメレンゲにチョコレートソース。(まだ、ブログ作りに慣れていなくって、写真が順番通りにUPできず、すみません)私には、全部心地よく、美味しいのです! アトリエロブションは、食通のアーニーさんに勧められ、まずは、東京六本木ヒルズで、そしてその後NY在住時代に、NYフオーシーズンズホテル内へ、そして今回、久しぶりのロブションと、楽しみに予約をいれました。ロブション氏が寿司屋からインスピレーションを得て構想を練ったという、カウンターでの食事が主です。 座って暫く、「ここも、細やかなサービスが気持ちいいね~。ここにいると、日本にいるのかのよう」と、実感しながらメニュー選び。 で、ふと、キッチンを見ると、真剣な眼差しで仕事をしている日本人のシェフが。「あれ?須賀さんだ!?!?」 「まさか!彼はNYのはず?」で、確認をとると、須賀さんで、びっくりしました!嬉しくも、私たちを覚えていてくださり、カウンターに出てきてくださいました。 須賀さんは、六本木ヒルズ店にももちろんいらしたのですが、NYロブションを作る時に、ロブション氏とフォーシーズンズホテルのデイレクターが、シェフを選ぶために全てのロブションを回った結果、まだ、30歳にならない須賀さんに白羽の矢を立てたという話をきいており、NYタイムズにも絶賛記事が出る程の、大成功を収めた方です。 これで、私のロブション経験は、たまたまの好機で、世界3か所、全て須賀さんによるものとなったのです。今日も、いつも通り、ホスピタリテイー、味も、見た目も繊細で、量も丁度。もう無理~お腹一杯!となるちょっと手前までです。 私たちがNY店を訪ねたのは、はっきりしませんが、確か、5年前位??須賀さんに伺うと、NYの店のあと、台湾店の立ち上げに参加、そしてパリにいらっしゃって今に至られているそうです。NYの時にお話しを聞いたとき、まだ開店数か月ごだったでしょうか?多忙で、ホテルの部屋とレストランの往復のみの生活をされていた。という話が印象的でした。多民族のスタッフを英語で見事に束ねて時には接客も!しておられたことが印象的。「レストラン界の若き侍!」キッチンにいる彼は、本当に静かで、真剣で、瞬時のすきも逃さず美味しく美しい物を仕上げようと集中されて全体を指揮。私は、いつもその姿を見て感動するのです!しかも、今度は流暢なフランス語!こんなにご縁があるので、また、どこかできっとお会いできる!次にいただけるお料理が今からもう楽しみです。

2011/06/17
by kanapi
0 comments

Monjul, 創作フレンチ

レアールで入った、小さな創作フレンチの店 Monjul. 牛肉とツナのカルパッチョを頼んだら、(写真左)「あれ?ビーフは?」お店の人「この白いボールがそうです」 野菜の盛り合わせを、とメニューにないものを頼んでもこの通り(写真右) 最近、パリではお値段の張らない創作フレンチのお店が続々できているそうです。 あと、このお店もそうでしたが、美味しいお店には、日本人がキッチンで働いているそうで、実際今回の旅の中で行ったところ、キッチンをのぞいてみると、全てに(本場の味そのままのビストロ店にも!)日本人がキッチンで働いていらっしゃいました。皆眼差しが、際立って真剣でした。お花屋さん、パテイスリーにもいらっしゃいました。心の中で「頑張って~!!!」と、エールをおくりました。

2007/12/09
by kanapi
0 comments

世界3大料理

トルコ料理は、中華、フランスと並んで、世界3大料理といわれている。来るまでは、「ほんとかいな?」と、疑心暗鬼だったのですが、今やすっかりとりこになり、これらのごはんとさよならするのが寂しく感じるほどのファンとなってしまいました。 […] Continue reading

2007/11/09
by kanapi
0 comments

Moroccan Breakfast モロッコの朝食

モロッコで、クロワッサン以外に、私が毎日食べた典型的な朝食パンです。

右上の写真の四角いパンは、モロッコ風クロワッサン?ムスマム。小麦を溶かしバターで個ね、ドウをつくり、クロワッサンのように伸ばして折りたたんでゆきます。それを平らにしてフライパンで焼いておりました。丁度重ねクレープ焼きといったお味でしょうか?[…] Continue reading

2007/11/01
by Mikie
0 comments

Tagine Class 料理教室

今日は、ホテルカスバアガフエの料理教室へ。シェフは、NYでCIAという有名な料理学校を卒業し、バーグドルフアストリアホテルを始め色々な所で25年間働いていたというマラケシュ地元の方。NYから来たと言うと、とっても懐かしそうでした。外に設えられた気持ちの良い東屋風のキッチン。横には、オーガニックの野菜畑。今日の料理教室はこの畑から野菜やハーブを採取することから始まりました。 タジーンは炭火で調理。タジーン用のコンロの上に作った鍋を乗せ、蓋をして小1時間程加熱してできあがりです。この際、野菜から沢山のジュースがでるので、途中、ニンジンができた段階で、蓋を開けてしまい、ソースを蒸発させることもこつのようです。 今日のメニューはフィッシュタジーン。野菜と鯛のキャセロール。 野菜:ニンジン大4本、蕪4個、赤、グリーンパプリカ各2~3個 ズッキーニ小4個、ジャガイモ4個、トマト4~5個。(まあ、適当でいいのでしょう。沢山余りがでました) 野菜は、ジュリアン(細長く)切ります。ジャガイモは薄めの輪切り。トマトは、皮をむき、半分に切って、種の部分を除きます。 鯛のフイレ:小4匹分 ハーブ:パセリ、コリアンダーリーフ、セロリ(此方の物は、白い部分がなく、葉と細いグリーンの茎)これらは大体小一束位。にんにく(5-6 cloves)。全てをみじん切り。 香辛料:クミン、パウダージンジャー、コリアンダー、サフラン、ターメリック その他:オリーブオイル、トマトペースト、こしょう、塩少々 これらを準備したら、まず、ソース作り。ボールに、サフラン以外の香辛料を、山盛り大匙2杯ぐらいずつ入れます、サフラン少々。 それに全てのハーブを入れて、オリーブオイルを2分の1カップ程入れ、混ぜて行きます。途中、トマトペースト、水を足しながら、丁度ペーストとソースの間位までの調味液に仕上げていきます。 これを、使って魚にマリネ。次はタジーン鍋を準備。 まず、焦げ付きを防ぐ為ニンジンを底に敷き詰め、次にジャガイモ、トマト半分それからマリネした魚、残りのトマトを魚の上に乗せ、パプリカなど他の野菜を回りに彩りよく並べてゆきます。 その間、ときどき、残りの調味液をミルフイュの様にはさんでゆきます。 Start the charcoal fire. Prep the veggies and spices. Mash spices with tomato paste to hang them together. Arrange the roots in a circle at … Continue reading