Kanako Nishimura's blog

西村香奈子 with Michael Simon      写真は、クリックかスライドショーでみてください。

2012/02/16
by kanapi
0 comments

French Laundry

Napaにある「フレンチランドリー」に、マイキー&義母の誕生日を祝う食事にいってきました。お任せ3コースの中に、

Offal Tasting Menuが?「Offal! 内臓?!アメリカで?」で、ウエイターさん、「これは、個性的なので、あまりお勧めしませんが、よろしかったら」「これって、ホルモンのフルコース!!(冗)!面白いな~!」で、試してみました。

We went to the French Laundry to celebrate Mikie & Barbara’s birthdays. There were three menus and one of them was called the Offal Tasting Menu. It was really interesting!

img_0018 img_0023 img_0025

左から:鮟肝、キャビア、カブ、洋ナシ金箔のせ。中の白いソースの下に濃厚な鮟肝がたっぷり。

中央の写真、フオアグラのパストラミ仕立て黒トリフソース。お味は、スペインで食べた生ソーセージを思ったり。。右はエッグドロップスープ。でも中身はなめこ、ブロッコリー、ラデイッシュのビーフブイヨンかけで、うにが卵!添えてありました。。鮟肝は、確かに内臓ですね。

From the left, ankimo (monkfish liver) and caviar with gold , foie gras pastrami with black truffle sauce, sea urchin and nameko mushrooms… (Please refer to the menu at the top of this post.)

img_0028 img_0032 img_0033

左、ポーチドロブスター、これも!内臓ですかね?中央は、牛の腸の煮こみ。このあたりから、だんだん濃厚さとボリュームがUP。右が、羊解体メニュー!ミニラビオリの中にも羊の内臓の煮込みが!左下の揚げ物は脳みそ。白子のようでくせもなく美味。がもう、気持ちも、お腹も一杯一杯になってきました~で、ここから写真がないのですが、ミンスパイ!つぎのデザートが、見た目はフルーツ乗せチョコレートムースのデザート。でも、実は、生フオアグラのムース!!!ここらでご勘弁を~!!で終了です!!

Poached lobster, beef intestines, ooh~ It was getting too much for me….  Then, Variety of Lamb’s Offal. Mmm… Actually, lamb’s brain is so tasty. Then, dessert looked like a beautiful chocolate mousse yet it was raw foie gras mousse!!

salad sweetshrimp duck

こちらは、義母が注文したシェフお勧めコースの一部。カリフラワーサラダ、甘海老のタルタル、ロースト北京ダック。

These were from the Chef’s Tasting Menu that Barbara enjoyed. Cauliflower salad, sweet shrimp tartare, Peking duck breast.

coffeendonuts

で、エスプレッソを飲み終え、そろそろの時に、「まだ帰しませんよ~!(爆笑)」と出てきたのがこのセット。カプチーノ、砂糖壺にお菓子?いえいえ、これは全部デザート!!モカクリーム、ブリオッシュのミニドーナッツ、チョコレートコーテイングされたマカデミアナッツ!楽し!素晴らし!

今までどちらかというと避けてきた内臓料理9品のこれだけ濃厚なオンパレードだった為、ギアの上がったメニューの後半は一杯一杯になってしまったのに、何故か食後の気分は最高!悦楽感で脳が満たされて幸せ~。フアンタジック!まるで、いつかどこかでの劇場での公演中、食事のシーンに潜り込んで来たかのような気分。内臓料理を愛している、世界の美食家達の気持ちが少し解ったかな~?改めて、次の日しみじみ内臓料理に滋味、旨味を思って幸せ~!思い出深き食事となりました。

After drinking espresso, they served another cup of cappucino??? Actually, they were all desserts: mocha creme, brioche doughnuts, and choco-covered macadamias. I am not a fan of guts after all and the dishes made me happier in my mind than my stomach. I felt as if I had been eating in a theater play. One of the greatest meals that I have ever had. Absolutely fabulous!!

 

2011/07/10
by kanapi
0 comments

Arena di Verona: Nabucco and Aida

2011.07.09~10  Arena di Verona

     

ロミオ&ジュリエットの舞台として有名なミラノから東へ電車で二時間弱の所にある、世界遺産の街ベローナ。

街をあるくとまるで中世にタイムスリップしてしまったかのようなロマンチックで不思議な心地になります。

アリーナデベローナはとにかくダイナミック!大勢の人が、ベローナに、そして円形劇場へオペラ鑑賞に駆けつけています。

音の反響が素晴らしく隅々にまで音が響きます。夜中の1時までの二晩のオペラ鑑賞。

一日目のナブッコで、有名な国歌となったコーラスが歌われると、もちろん大歓声!

二日目のアイーダの悲劇の最終章で、突然大風が吹き荒れだし、ゴミや紙が舞い始め~夜空が点滅し始めました。皆「???」セット?本物?本物の雷が勢いを増し!!!残念でしたが、多くの人達と同じくアリーナを去り、ホテルについたら、凄い雨。アイーダが、アリーナで丁度命を絶った頃!!窓からアリーナに思いを向けるという、これまた、ロマンチックで印象的な夜となりました。

From Milano, we took the train an hour or so east to the World Heritage site of Verona, home of Romeo & Juliet. Walking around is a time machine–you are transported to a romantic age. The Arena is a round outdoor stage where mobs of people attend the famous summer Opera sessions. Every corner echoes the fabulous voices wonderfully from 9 to 1.

The first night, we saw Nabucco (Verdi’s first big hit, about Nebuchadnezzar), which contains a song Italians find patriotic, and which they cheered and even demanded an encore.

The second night was Aida but in the last tragic act, a typhoon-grade wind blew in, accompanied by lightning–very dramatic–and about half the crowd headed for the exits. We barely made it home before it started teeming, probably just as the opera was over on stage.

 

 

2011/07/10
by kanapi
0 comments

Bottega de Vino @Verona

2011.07.10

  

ベローナへよくいらしている、O夫人よりお勧めのワインがおいしいというお店へ。壁中におかれたワイン瓶のみならず、シャンデリア、戸棚の扉にも!ワインの瓶が使われていました。地元のワインがすっきり濃厚!さすがです!右の写真は馬肉のタルタル!ベローナのレストランの行ったところ何処にもこのメニューがありました。こちらでも食べられているのですね~。知らなかったです。干し鱈とポレンタの前菜もこんなに洗練されていて~。素晴らしかったです。

Our pal O, who goes to Verona often, recommended a restaurant with a great wine list called Bottega de Vino. Wine not only covered all the walls but the windows as well. Even the chandeliers were made of carafes. We tasted crisp local wines. The right hand pic is horse tartare. I had no idea but this is a dish popular in the area. The middle pic is bacalao cakes with polenta. It was as delicious as advertised.

2011/07/09
by kanapi
0 comments

Arche @Verona イカスミパフェ

2011.07.09

   

左の宇治金時パフェにも間違えそうな前菜は、イカ墨、ポテトムースにグリーンピースのピューレです!中央は、イワシのエスカベーチェをブリオッシュのトーストに載せてあるもの、甘みを強めなソースが絶品。右は茹でたあと、パスタと浅利を紙に包んで、5分オーブンで焼いたもの。これまた、お味が全てパスタに染み込んでいて~!私にとって初めてのスタイル!面白かったです。家でやってみよう!

The amazing parfait on the left is an appetizer, not dessert. From the bottom, it held green pea mash, squid in its ink, and a potato cream. Next photo is a sardine escabeche on brioche toast topped with onions fried to their max sweetness. On the right is a clam pasta baked in paper for 5 minutes, just long enough to open the clams. What concentrated flavor! First time I had a pasta like this! Have to try this when I get home.

 

2011/07/07
by kanapi
0 comments

Ibu Gallery , イブギャラリー

2011.07.07

no images were found

オートクチュール最終日にパレロワイヤルにある老舗ビンテージクローズの店、イブギャラリーが、パティスリー「ポアランヌ」とコラボ企画「haute cuisine & haute couture」。行って参りました。キャンドル、顔、皆パンです。右列側にある、3着写っている写真左にあるキャメルのスエードスーツは、カトリーヌドヌーブが、映画「昼顔」で着用したYSL の物!CD のビンテージドレス!

広場では、日本でもマカルーンで有名な「ラドュレ」、イブギャラリー、デザイナーのコラボでの Food Victim というイベントがありました。凄い人出!お洒落な人、人、人!ピエールカルダン氏のお姿も。衣装の横に、テーマを踏まえて衣装に合ったお菓子が飾られています。フィンガーフードとして赤い部屋で振る舞われた「赤のマニキュア指!」も一見、「ぎょ!!」でしたが、試してみるとなんとも美味しいチョコレートムース。ここでも沢山の CD のビンテージドレスが!素敵でした~!

The last day of the Paris Collection of haute couture, Gallery Ibu, which is located in Palais Royal, had a vintage clothing show. Patisserie Poilane had a show entitled Haute cuisine & haute couture. There were candles and faces made of bread. On the left in the pic with three dresses displayed is a piece that Catherine Deneuve wore in Belle de jour. They had Christian Dior pieces, too.

In the Palais’ central garden, La Duree (of macaroon fame), Gallery Ibu, and various designers created a show called Food Victim. It was mobbed and many of the crowd were fabulously fashionable. We saw Pierre Cardin himself. Each room had not only clothing but food sculptures as well. Note the odd pastry finger food with red manicure–a bit off-putting–but it was wonderful chocolate mousse inside.

no images were found

振る舞われるシャンパンにほろ酔い、すると、今度は広場の反対側で、学生によるフアッションショーが始まるのです。一緒に行ったフアッション関係の友人達の一人が、「私がミュグレーに声をかけられたのは、こういったショーで作品に目をとめてもらったからなのよ~!」と。ここでも、だれかが、「うちのアトリエにきてみない?」と、声を掛けられているかもしれません。素晴らしい企画だと、おもいました。

Tipsy from all the champagne, we made our way to the other side of the garden, where a student fashion show started up. Our fashion pals told us that Thierry Mugler actually hired her while she was working for this show lo! these many years ago. Some lucky person might get hired tonight or tomorrow, you never know! What a great event for the students.

2011/07/07
by admin
0 comments

Dany Atrache ダニーアトラッシュ

2011.7.7

no images were found

ダニーアトラッシュのコレクションに行って参りました。会場は、「ホテルリッツ」入り口には、何かのパーテイーの為にホテル入りする、白いタキシードを着た貴公子の様な美しい青年がリムジンカーから現れたり、ドレス姿の夫人達や~。と、やはり違います。ショーの、招待客も、どこかのご令嬢風な方が多かったような。作品は、ドレスがほとんどで、これぞオートクチュール!このショーで、一番感激したのは、やはり、手間のかかっている刺繍や、ビーズが繊細だった事で、大変なお仕事をされたのだなあ。と、彼も含め、色々なタイプ、全てのデザイナーの方々、また、それをささえるスタッフの方々に、改めて敬意を感じました。でも、このドレス、ボデイーコンシャスなだけでなく、胸、脇、おへそまわり、と、露出部分が多い上、それがデザインポイントになっています。私の様な、鉛筆体型では、無理だし~?そのうえ、こんな豪華で~。実際には、誰が似合うんだろう????着るんだろう????

ふと、NY時代に、英語の学校で一緒だった、オイルビジネスで大成功しているロシアの若い奥様の事が浮かんできました。つやつやに輝く金髪、長身、白い肌、体型も素晴らしくって~。学校にも例えば、きょうはD&G、昨日はCDと、あれ、おとといは、JPゴルチェのジャケットきてたな~。と、毎日違うブランド物の洋服を上から下までそれはそれは上手に着こなして通学。ハリウッドスターかバービー人形のよう。彼女がロシア人の友人達と毎週末パーテイーをしているという事で、あるバーに呼んでもらったことがあります。飲み会とは言われたものの、行ってみると、まあ、皆様豪華!彼女は、シックでタイトな黒のロングドレスを着ていて、大きなダイヤ!でも、下品ではないのですよ。授業中も彼女の輝く美しさに、暫しぼんやり見とれてしまっていたものですが、その日は、ますますでした。そんな人達が着たら似合うんだろうな~。そんなこと、思ってしまいました。

I checked out Dany Atrache’s show at the Ritz, which was a scene in itself. Ooh, the white dresses emerging from limos, the tuxedos, the pomp! This is haute couture, featuring delicate beadwork. You have to respect the staff’s efforts. Various parts of the anatomy are revealed by the embroidery, so one would have to be in fairly good shape to get away with wearing it–hmm!

2011/07/07
by admin
0 comments

Carven カルベン

2011.7.7

 

カルベンの展示会に行って参りました。デザイナー、Guillaume Henry(ギョームアンリ)は、2002 年からジバンシー、2005-8 年までポールカ。そして、その後カルベンのデザイナーに。シックなのですが、トレンドをしっかり取り入れていて、特に今回見せて頂いたコレクションは、黄色、ブルーなどの色が印象的な明るく、軽く、夢のある作品が沢山。写真の背景になっている空のプリントの服も!幸せ気分を頂いてきました。

We also went to the Carven show, where the designer is Guillaume Henry. He worked for Givenchy from 2002, for Paule Ka 2005-8, and now for Carven. The work is chic and trendy, impressive yellow and blue, cheerful, romantic, and light-hearted. There were prints like the clouds in the photo’s background. It all made me very happy.

2011/07/07
by kanapi
0 comments

Alaia show アライア

2011.07.07

no images were found

アライアのショーにいってきました。お店が会場。招待客に告知が二日前。招待状なしで、アポで確認のみ。ショーの最中の写真はNG! お洒落の勉強に、皆と分かち合いたいたいと、下手な写真を沢山撮って UP してますが、本来は、そうですよね!でも、お客様シーンは、なれないへたっぴ写真ですが、撮らせていただきました。皆さんのアライアのミニスカートの着こなしには脱帽!膝が綺麗、着こなしバランスも!あと、靴のチョイス、差し色使いのうまさ、化粧感の無いナチュラルメークの良さ!挙げればきりがないのです。でも、新しさを追求するというよりも、自分らしさから外れないお洒落をされている方が多くって素敵だな~。と、思いました。

アライアのコレクションは、特にすごく新作!というわけではなくて、アライアのご自身のデザインのスタイルの中での、New Collection でした。ライン、素材、アライアなのです!!ため息~!

The Alaia show was in his own shop. There were no invitation cards, an unusually private and classic style maneuver. Photographing during the show was forbidden. Even older ladies wear his short skirts, although I could say that I didn’t see any unfortunate knees among this crowd. The shoes and accent color choices were distractingly fabulous. Most Parisian ladies these days seem to favor natural looking makeup. Instead of worshipping mere novelty, these ladies look like themselves!

2011/07/06
by admin
0 comments

Yanina

2011.07.06

no images were found

Yanina は、ロシアのブランド。会場は、ロシア公使の公邸。もともとはヘンリー4世の愛人宅だったという事。モデルはもちろんの事、お客様も殆どはロシア人。私は、本格的にエスニック!衣装は、クラシックなデザインで、レース、毛皮、ベルベット、フラノ~がふんだんに使われていました。。漆黒のアイメイク、陶器の様に白い肌に真っ赤な口紅。うっとりため息。まるで、19世紀のロシア映画の一場面のようでした。こういう綺麗さっていつもあっていいよね~!って思ってしまいました。元気で、溌剌!!皆さんからパワーを感じました。

This show was at the Russian Ambassador’s home, which used to belong to Henri IV’s mistress. Gee. The models, customers, and even some of the reporters were Russian, and I felt seriously ethnic. The clothing was classic in design, featuring lace, velvet, fur, and flannel. The very dark eye makeup and skin pale as china, while a bit old-fashioned, was executed excellently. The lavish setting and rich clothing of the guests announced wealth like a 19th century movie, and I half expected to be introduced to the Duchess of Minsk or something.

2011/07/06
by kanapi
0 comments

Gustavolins グスタボリンス

no images were found

グスタボリンスのコレクションにいってきました。彼についての記事もみつけました。

残念ながら写真にとれなかったのですが、紙を使った作品もあり、翌日のフィガロ紙では、日本的な要素がみられるコレクションだったとコメントされていました。パレロワイヤル横の小さな会場でした。私は、オリジナルで気負いのない上質さに感じいりました。一枚の布が身体にそって立体的になっているところが、大変な技術を駆使されているにもかかわらず、自然でやわらかいのです。足首の繊細なレースのレギンスとハイヒールの組み合わせも素敵。参考になりました。

Sorry, no pictures of this cozy place next to Palais Royal. The clothes were made of Japanese paper. According to Figaro, the entire collection referred to Japan intensively. Extremely original and relaxed, even noble. Made of one piece of fabric wrapped around the body, making this sort of clothing look natural and soft is very difficult to accomplish. The models wore delicate lacy stockings and high pumps.

2011/07/05
by kanapi
0 comments

Alexandre Vauthier アレクサンドル ボーティエ

2011.07.05

no images were found

Alexandre Vauthier のオートクチュールコレクションに行ってました。まず、会場入口で、キグルミの人がシャンパンを振る舞っているのですが、そのグラスは腰にベルト状にめぐらせてあり、招待客おのおのがグラスを引き抜いて、彼にそのグラスを差し出して頂くという趣向です。カジュアルではなかった時代に仕事をしていたせいか、オートクチュールのメゾンの考え方もここまで色々幅があるんだな~。と、まずは実感。

衣装、音楽、会場すべてが80年代というくくりのコンセプト。自分がモデルとして多忙だった時代とそのまますんなりリンクしていきます!また、ミュグレーを想い出させられました。

すると、この方は、ミュグレーのスタッフとして4年間を過し、その後ジャンポールゴルティエのアトリエ。で、2009年よりAlexandre Vauthier としてスタートされたということです。なるほど。。。

鏡ばりの長ーいランウエイでひたすらひたすら赤!赤!赤!サガファーと、コラボして作られた毛皮ももちろん赤です、最後の一着のみが、スワロフスキーの石がふんだんに使われているベージュのドレス。

とにかく、パワフル。観終わった後、本当に元気がでました。

で、ですが、「なんで全部赤なんだろう?」と?????

座席で配られた、小冊子によりますと、赤を使ったのは、バレンティノガラバーニ氏の素晴らし仕事に対してのオマージュで。これから、自分は新しいテクノロジー、生地、構築性を作り出したい。

バレンティノ氏は、45年間もの間、デザイナーとしてトップを走り続けた方ですが、2008年に引退されました。その時の有名Line が「Fashion is Dead!」この言葉と関係はあるのでしょうか?????

私はフアッションが大好きです。なので、このように、、前向きな気持ちで一生懸命頑張っている方に触れることができると幸せです。

Alexandre Vauthier’s Haute Couture Collection   At the entrance, a guy in a stuffed animal getup was serving champagne from glasses hung from his belt. Customers were expected to take a glass themselves and extend it to him for filling. As a model from the days when haute couture was anything but casual, this struck me as odd. An entire spectrum has developed in haute couture from hyper-casual to hyper-fancy.

Clothing, setting, music, all were 1980’s–I remembered them all. The influence of Thierry Mugler was clear, and no wonder because Vauthier worked for Mugler for four years before starting with Gaulthier. He started his own house in 2009.

Red clothes over a mirrored runway. Even the furs supplied by Saga were red. Only the last few pieces were beige, although those glittered with Swarovski crystals.

It was energizing.

Next day, Figaro wondered what was with all this red? Was it about Valentino? According to Vauthier, yes, it was.

A top designer for 45 years, Valentino retired in 2008. His famous line at the retirement party was “Fashion is dead.” Is there a connection?

2011/07/03
by kanapi
0 comments

Robuchon, アトリエロブション

2011.7.3

no images were found

私たちの、今回の旅行の食のメインイベント「アトリエロブション」シャンゼリゼ店のフルコースディナーです。メニューは、チェリートマトのガスパッチョ。カニと隠元のサラダ、ポテトチップにわさびソース添え。冷製コーンスープ、コンソメジュレ、キャビアトサワークリームのせ。ジロール茸のせ、ポルチーニのムース。フォアグラソテー杏ソース添え。スズキのグリーピースソース。ラムグリル。マンゴームースケーキ、マンゴーアイスのせ、ワイルドストロベリーのメレンゲにチョコレートソース。(まだ、ブログ作りに慣れていなくって、写真が順番通りにUPできず、すみません)私には、全部心地よく、美味しいのです!

アトリエロブションは、食通のアーニーさんに勧められ、まずは、東京六本木ヒルズで、そしてその後NY在住時代に、NYフオーシーズンズホテル内へ、そして今回、久しぶりのロブションと、楽しみに予約をいれました。ロブション氏が寿司屋からインスピレーションを得て構想を練ったという、カウンターでの食事が主です。

座って暫く、「ここも、細やかなサービスが気持ちいいね~。ここにいると、日本にいるのかのよう」と、実感しながらメニュー選び。

で、ふと、キッチンを見ると、真剣な眼差しで仕事をしている日本人のシェフが。「あれ?須賀さんだ!?!?」 「まさか!彼はNYのはず?」で、確認をとると、須賀さんで、びっくりしました!嬉しくも、私たちを覚えていてくださり、カウンターに出てきてくださいました。

須賀さんは、六本木ヒルズ店にももちろんいらしたのですが、NYロブションを作る時に、ロブション氏とフォーシーズンズホテルのデイレクターが、シェフを選ぶために全てのロブションを回った結果、まだ、30歳にならない須賀さんに白羽の矢を立てたという話をきいており、NYタイムズにも絶賛記事が出る程の、大成功を収めた方です。

これで、私のロブション経験は、たまたまの好機で、世界3か所、全て須賀さんによるものとなったのです。今日も、いつも通り、ホスピタリテイー、味も、見た目も繊細で、量も丁度。もう無理~お腹一杯!となるちょっと手前までです。

私たちがNY店を訪ねたのは、はっきりしませんが、確か、5年前位??須賀さんに伺うと、NYの店のあと、台湾店の立ち上げに参加、そしてパリにいらっしゃって今に至られているそうです。NYの時にお話しを聞いたとき、まだ開店数か月ごだったでしょうか?多忙で、ホテルの部屋とレストランの往復のみの生活をされていた。という話が印象的でした。多民族のスタッフを英語で見事に束ねて時には接客も!しておられたことが印象的。「レストラン界の若き侍!」キッチンにいる彼は、本当に静かで、真剣で、瞬時のすきも逃さず美味しく美しい物を仕上げようと集中されて全体を指揮。私は、いつもその姿を見て感動するのです!しかも、今度は流暢なフランス語!こんなにご縁があるので、また、どこかできっとお会いできる!次にいただけるお料理が今からもう楽しみです。

This was the course menu at Atelier Robuchon on Champs Elysses. Everything was fabulous.

Our friend Ernie Singer first recommended us to Robuchon and took us to the Roppongi Hills store, where he introduced us to Suga-san the chef, who was about 28 at that time. Years later, we met Suga-san again in their New York store in the Four Seasons. We were amazed to meet him yet again in Champs Elysses. What the…? He very kindly remembered us and recounted how he was advised in New York by the Four Seasons executives and Robuchon himself. Certainly the New York Times made quite an affair of it.

The hospitality, taste, appearance, and amount were all very sensitive and wonderful. In the five years since we met in New York, Suga-san had been to Taiwan to set up shop there, and now has been in Paris a couple of years. We recalled that in New York, he told us he didn’t have time to see anything but the shop and his hotel room. He seems to have a bit more time in Paris, yay. We were impressed by his command of French–in New York, he spoke English to the staff and guests. I call him the “young samurai” of the restaurant world. He’s so quiet and observant in the kitchen, as if fighting a duel with the art. Wonder where we’ll meet him next…?

2011/07/01
by kanapi
0 comments

Le Corbusier House サボア邸(コルビジェ)

2011.7.1

no images were found

コルビジェ設計のサボア邸に、行ってきました。毎日うろうろ歩き回っていたう上、この日は、朝から車で出発して、モネの家などに行った帰りの夕方で、かなり疲労していましたが、家の中に入ったとたん!あれ?!不思議!あまりの気持の良さに、疲労が飛んで無くなってしまったのです。特に屋上庭園が、家の中心部分にあって、プライベート感は確保されているのに、空に向かって解放されていていて、気分がいい!自然と他の訪問者の方々とも打ち解けて挨拶したりお話ししたり~。ついつい集まってしまう場所って、こういう所なのかな~、と、おもったり。

空気の「気」という言葉がありますが、何処にいても、淀みがなく、光がめぐっていて燦々。借景、収納、サイズ、もう、感動したことをを挙げると、きりがありません。いやだな~と、思うものが、私にはなかったのです。

家の設計は、人生を変えてしまうんだな~。と、思ってしまいました。

しかし、時は 1930年頃。余りに前衛的な設計だった為、サボア氏はお気に召さなかったようで、結局ここには余り訪れなかった。と伺いました。残念!ですが、だからこんなに美しいまま残されていて、私たちにより、喜びと感動を与えてもらえるのでしょう。

サボア氏にも感謝です。

After visiting Monet’s house in the morning and having a bit of champagne at lunch, we finally arrived a bit peaked at Le Corbusier’s Villa Savoye. It was so terrific that I woke up instantly. The roof garden was particularly terrific–although completely surrounded by exterior walls, it looked up to the open sky and we felt free. The other visitors and we naturally gravitated to it to chat and point out features. The way light ran around the rooms was great, the way the windows framed the exterior was very special, and still there were plenty of functional closets.

Yes, architecture can indeed change your life.

This was so avant-garde for the 1930’s that Mr. Savoye finally never lived here. It makes a perfect museum, though.

2011/06/28
by kanapi
0 comments

Madame Grès, マダムグレ展

2011.06.28

no images were found

ブルーデル美術館で開催されている、マダムグレ展へいってきました。

まずは、お天気に恵まれていたことも手伝って、アイボリーからベージュへのトーンの会場の中、キューレーターの方の意図通り、自然光がとにかく柔らかく気持ちがいいのです。展示も、ブルーデルの作品とのコラボも本当にマッチングが素晴らしくって感動。

80年代中ごろに、彼女の来日ショーが数か所でありました。ラックにかかっている衣装はもちろん沢山のドレープが施されており、しっかりとした立体の形。、ウエディングドレスを着させて頂いた関係上、フィナーレで私が彼女を迎えに舞台袖に行き、手を繋ぎ歩かせて頂いた光栄な出来事が思い出されます。膝の上に両手を静かに重ねて微笑みを湛えてひっそりとたおやかに座っておいでになり、私を迎えて下さる彼女は、ターバンに同色のワンピース姿。エレガンスという言葉で頭が一杯になり、感動したことを覚えております。また、それと対称におおきな指輪をされていた御手が大きくしっかりされていたことも印象に残っております。

会場のビデオの中で、彼女が細かいドレープを作っているシーンがありました。食い入るように拝見したのですが、私には彼女が作品制作が楽しくって楽しくって仕方がないように見えました。素晴らしいなあ。と、ここでも感動。

とにかく、全ての作品が、新しい!過去のものだとは思えなかったです。

I went to see the Madame Grès show at the Bourdelle Museum on an absolutely beautiful day. The pieces were beautifully lit in an ivory and beige setting. You wouldn’t think these pieces were so old; they looked like they could be in the stores even today.

In the 1980’s when Madame Grès came to Tokyo, I wore one of her wedding dresses and accompanied her in the finale.

2011/06/24
by kanapi
0 comments

John Galliano

2011.6.24

no images were found

ジョンガリアーノの後任、ゲイテン(Bill Gaytten)によるコレクション。常連の方と行ったのですが、やはり、未だ渦中、来場者数がいつもより少ないとのこと。場所も小さ目であったということです。

ガリア―ノ自身がされている頃と、方向性の違いは出していないと、ゲイテンもいっております。そうです。が、奇想天外な小物使いや、個性的なメーク、崩した重ね着の着こなし。そういった組み合わせでダイナミックさやフアンタジーさが大きく加味され魅せるショーをイメージしていたのですが、今回のコレクションは、すっきりしていて、綺麗!なコレクションだなと、思いました。

The current designer is Bill Gaytten and this was his first show. He said that he followed the Galliano idea but this was a bit different, much more cautious, less dynamic, less fantastic. Yes, but.

2011/06/24
by kanapi
0 comments

Walter Van Beirendonck

no images were found

ウォルターさんのコレクションにいってきました。日光を燦々ととりいれた会場。お客様も、キャラ立ち(ちょっと古い言葉でしょうか?)されていて、わいわいがやがや!!後半のオブジエの様な作品が出始めると、みんな、にこにこそして大笑い!明るい気持ちになりました。

We were as amused by the guests as by the fashions. Everybody had fun, particularly at the finale, which featured modern art sculptures presented as garments. A good time was had by all.

2011/06/23
by kanapi
0 comments

Paris Jazz 街のコンサート、お祭り

2011.06.23

no images were found

学校も休みが始まり、夏の到来を祝うかのように、この頃は、ゲイパレード、アフリカンのパレード.etc… この写真は、ストリートジャズフエスティバルとアフリカンパレードです。皆、遅くまで外に繰り出し、飲むや、騒ぐや本当に元気で、次の日は、通りはごみが一杯。でもいいんです!楽しかった前の日の事が目に浮かんで、これも楽し!(お掃除の方、大変そうでしたが。。)「パリって、こうしてすっきり夏の初め!バカンス到来!と区切りをつけて大騒ぎするのね!いいね~」と、私。すると友人「そうね~、これから皆バカンスで移動、夏は街はがらがら、こういうのって、日本はなかったっけ?」すると、もう一人のパリ人の日本の子、「えー、日本もあるよ、お盆休み、ゴールデンウイーク、お正月とかさ~」確かに!「お花見は?花火大会は?」と、暫し盛り上がりました。それぞれ、季節の到来や、節目を祝ったり、バカンスがあっていいね~。

School being out, the citizenry indulged in midsummer celebrations such as a parades. The pictures are from the street jazz scene and the African parade–we didn’t go to the gay parade. At any rate, everyone stays up partying and listening to the bands all night. The next day, everyone seemed to chortle about the knee-high piles of trash in the street. What a mess! I thought the celebration of summer there was energetic and wonderful. “Is there such a day where vacation starts in Japan?”

“Absolutely!” someone piped up, “Obon, for example, Golden Week, and New Year’s.”

Right and fireworks, cherry blossom viewing, etc. Many cultures mark the passing of seasons.

2011/06/22
by kanapi
0 comments

Anish Kapoor, アニッシュ.カプーア@グランパレ

2011.06.22
  

グランパレで行われていた、アニッシュ.カプ‐ア展へ。13500㎡.35mの大きな空間の天井に届きそうな巨大な茄子色球体の集まったオブジェ、PVC素材の作品がありました。

「リブァイアサン」(旧約聖書に出てくる海の怪獣)という題材の作品。

会場に入るや否や、形全体を把握することが困難な、余りの作品のダイナミックさに圧倒され、小さな日常のこまごま思い煩うことなど一瞬に消えてなくなり元気になりました!凄いです。歩いても歩いても全体はわかりません、巨大な球体のカーブ。

回転扉を通って入る、隣の暗い部屋には、赤い作品が。これは、作品の内部です。グランパレの天井から透けてくる光を映しているのですが、こちらは、自分が自分の中の奥深い領域に、限りなく吸い込まれて行くような心持がしました。時間で様子がゆっくりと変わってゆくので、目が離せなくなります。

We went to see Leviathan, the Anish Kapoor show at Grand Palais. The huge eggplant colored PVC balloon almost touched the ceiling 35m above, and mostly filled the 13,500 square meter space.

Upon entering and walking around, I couldn’t apprehend the entire shape of the sculpture but suddenly it became clear. The everyday annoyances of life evaporated into the scale of its wonder. Fantastic!

We followed the path to get inside the balloon. Light from outdoors shone dimly through the thick plastic, filling the interior with an eerie glow. As opposed to outside, where the sculpture seemed expansive, from inside it, I seemed to be sucked into a void.

2011/06/19
by kanapi
0 comments

kokoro11311

2011.06.19

友人のMassato, Yukiko さん & Aliceちゃんのお宅へ伺いました。とっても素敵なご家族で、いつもながら、美味しい手料理を頂きながら楽しい時間!

マサトさんは、上の参照にもあるように、若いころ単身でパリに渡り、今や東京、パリに複数店舗を展開されているヘアーアーテイスト。プランタンデパート(パリ)にもお店があるのですよ!ロンドンにも出店の予定があるそうです。何時も、夢を持ち、それに向かって日々しっかりと歩まれているお姿、尊敬です!

その折に、東日本大震災募金kokoro11311 を立ちあげられているお話を伺い、私たちも少しながら募金をして、写真にある赤のブレスレットを頂いて、つけております。

マサトさんたちはご自分たちで、日本国外の人々を主な対象に、ご自分のお店を含め、友人に呼びかけ、末永く募金活動を続けていかれるそうです。

Facebook のフアンページを参照しております。是非みてみてくださいね!

We visited the home of our friends Massato, Yukiko and their daughter Alice. After a lovely dinner, they mentioned they were raising money to aid the Tohoku disaster victims through kokoro11311. We contributed and Alice hand-tied our red bracelets for us. They told us that their fundraising efforts were a long road but that they were determined to see it through to the end.

Have a look at their Facebook fan page.

2011/06/17
by kanapi
0 comments

Monjul, 創作フレンチ

レアールで入った、小さな創作フレンチの店 Monjul. 牛肉とツナのカルパッチョを頼んだら、(写真左)「あれ?ビーフは?」お店の人「この白いボールがそうです」 野菜の盛り合わせを、とメニューにないものを頼んでもこの通り(写真右)

最近、パリではお値段の張らない創作フレンチのお店が続々できているそうです。

あと、このお店もそうでしたが、美味しいお店には、日本人がキッチンで働いているそうで、実際今回の旅の中で行ったところ、キッチンをのぞいてみると、全てに(本場の味そのままのビストロ店にも!)日本人がキッチンで働いていらっしゃいました。皆眼差しが、際立って真剣でした。お花屋さん、パテイスリーにもいらっしゃいました。心の中で「頑張って~!!!」と、エールをおくりました。

Monjul was a long narrow place in Les Halles. We ordered beef and tuna carpaccio but when the plate pictured on the left arrived, we wondered, “Where’s the beef?” The waiter explained that it was the white spheres. Mikie was offered a vegetarian meal, the center and right photos, very creative food!